重賞レース考察

[重賞レースの概要・見どころ]東海S

The following two tabs change content below.
競馬予想大学編集部
競馬歴10年以上のスタッフが担当。データの取り扱いが得意で、馬券の収支に直結するデータを配信することを心掛けています。競馬予想大学を通して1人でも多くの方が競馬で勝つ楽しみを味わって頂けるよう全力を尽くします。

東海Sの概要・見どころ

1997年に初めて「ダートG1」が創設される遙か前、ダート路線の整備が行き届いてなかった頃から存在している重賞。創設当時はダート重賞の数が乏しかったこともあり、現役の一流ダート馬がこぞって出走していた。フェブラリーステークスの前哨戦となった2013年以降も、ニホンピロアワーズやコパノリッキーなど、G1馬が強さを見せつける競馬を見せている。

東海Sの歴史

1984年、グレード制導入に伴い設立されたG3競走「ウインターステークス」が前身。その名の通り12月の中京競馬場を舞台とし、ダートの長距離で一流どころががっぷり四つの力比べを演じる好レースが繰り広げられた。1997年にはG2に格上げされるとともに、競走名を「東海テレビ杯東海ウインターステークス」に改称。さらに2000年には、5月の開催に移ったことで競走名から「ウインター」が取れ、同名のオープン特別競走「東海ステークス」と統合するかたちで「東海テレビ杯東海ステークス」に改められた。2013年、ダート路線が整備されたことに伴い、1月の中京開催に移設。2月に東京競馬場で行われるG1フェブラリーステークスの前哨戦として位置づけられることになった。

東海Sの開催時期

第1~第16回は12月下旬~中旬の開催。第17~29回は5月中旬~下旬の開催へと移行し、第31回以降はさらに1月中旬~下旬の開催へと移された(第13回のみ11月30日の開催)。

東海Sの競走条件

4歳以上が出走可能。負担重量規定は別定。4歳55kg、5歳以上56kg、牝馬2kg減。直近1年以内のG1競走(牝馬限定戦を除く)の勝ち馬は2kg増。直近1年以内の牝馬限定G1競走の勝ち馬、G2競走(牝馬限定戦を除く)の勝ち馬、1年以上前のG1競走(牝馬限定戦ならびに2歳戦を除く)の勝ち馬はそれぞれ1kg増。第1~6回は中京ダ2200m、第7~26回は中京ダ2300mで開催(第16回は小倉で代替開催)。第27~29回が京都ダ1900mで開催され、第30回以降は中京ダ1800mで開催されるようになり現在に至る。外国産馬は1989年から、地方競馬所属馬は1996年から、外国調教馬は2006年から出走可能となっている。2014年からは優勝馬にフェブラリーステークスの優先出走権が与えられている。

東海Sのコースの特徴

中京競馬場ダート1800mで行われる。直線の急坂の途中からスタートするが、坂を上りきった後は向正面まで平坦。向正面でまたやや緩い坂を上ると、向正面半ばから4コーナーまではひたすら坂を下り続け、直線では再び急坂を迎える。起伏が大きいうえに、直線も長く、かなりタフなコースであるといえる。

人気

開催時期・レースの位置づけともに現在の条件となった2013年以降、1番人気馬が抜群の信頼度を誇る。一方で6番人気以下の複勝回収率も高く、典型的な「ヒモ荒れ」のレースとなっている。普段は本命党という人も、東海ステークスでは「ヒモの穴馬選び」にチャレンジしていただきたい。

人気 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
1番人気 67% 67% 100% 133% 125%
2番人気 0% 17% 17% 0% 25%
3番人気 0% 17% 33% 0% 63%
4番人気 33% 33% 33% 221% 61%
5番人気 0% 0% 0% 0% 0%
6~10番人気 0% 7% 17% 0% 88%
11番人気以降 0% 7% 7% 0% 71%

※東海S2013~2018年の集計結果

単勝オッズ 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
1.4倍以下 100% 100% 100% 130% 110%
1.5~1.9倍 100% 100% 100% 160% 110%
2.0~2.9倍 40% 40% 60% 102% 80%
3.0~3.9倍 0% 50% 100% 0% 140%
4.0~4.9倍 0% 0% 33% 0% 60%
5.0~6.9倍 40% 40% 40% 266% 74%
7.0~9.9倍 0% 33% 33% 0% 66%
10.0~14.9倍 0% 0% 0% 0% 0%
15.0~19.9倍 0% 20% 20% 0% 82%
20.0~29.9倍 0% 0% 10% 0% 32%
30.0~49.9倍 0% 7% 13% 0% 68%
50.0~99.9倍 0% 10% 20% 0% 207%
100.0倍以上 0% 5% 5% 0% 44%

※東海S2013~2018年の集計結果

脚質

向正面からの下り坂で逃げ先行馬は息を入れることができるため、4コーナー10番手以降で回ってくる追込馬にはさすがに厳しいレース。本命馬には、さっと好位につける器用さはほしいところだ。

脚質 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
逃げ 17% 33% 33% 21% 43%
先行 14% 27% 32% 49% 140%
差し 6% 12% 24% 27% 85%
追込 0% 0% 4% 0% 6%

※東海S2013~2018年の集計結果

枠順

以下はあくまでも2013~2018年の数字であり、サンプル数が少ないことを前提に見ていただきたいのだが、それでも「1枠不利」の傾向が顕著に出ている。1番人気が強いレースとはいえ、人気馬が1枠に入った際には危険度が高まることを押さえておきたい。

枠番 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
1枠 0% 0% 0% 0% 0%
2枠 0% 10% 30% 0% 199%
3枠 0% 9% 27% 0% 116%
4枠 27% 27% 27% 58% 34%
5枠 8% 17% 25% 55% 59%
6枠 0% 8% 8% 0% 16%
7枠 8% 17% 25% 13% 97%
8枠 8% 17% 17% 55% 59%

※東海S2013~2018年の集計結果

血統

以下に挙げるのは12月・1月の中京ダート1800mにおける種牡馬別勝ち数ベスト10だ(集計期間:2012年12月1日~2018年12月16日)。

サンデーサイレンス系の種牡馬たちに割って入っているのは、ロベルト系のシンボリクリスエス、ミスタープロスペクター系のキングカメハメハ、デピュティミニスター系のクロフネといったところ。芝では「ズブい」といわれるくらいに持続力のある血統が好成績を収めている。

種牡馬 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
シンボリクリスエス 13% 18% 27% 221% 101%
マンハッタンカフェ 18% 25% 30% 86% 67%
キングカメハメハ 9% 21% 28% 143% 69%
ゴールドアリュール 9% 16% 26% 69% 94%
クロフネ 11% 21% 29% 23% 66%
ネオユニヴァース 9% 18% 25% 54% 134%
ゼンノロブロイ 7% 10% 19% 876% 284%
ワイルドラッシュ 10% 21% 28% 40% 53%
エンパイアメーカー 10% 16% 32% 37% 57%
ダイワメジャー 14% 24% 43% 76% 133%

※2012~2018年の集計結果

競馬予想大学編集部

投稿者の記事一覧

競馬歴10年以上のスタッフが担当。データの取り扱いが得意で、馬券の収支に直結するデータを配信することを心掛けています。競馬予想大学を通して1人でも多くの方が競馬で勝つ楽しみを味わって頂けるよう全力を尽くします。

関連記事

  1. 富士ステークス2018レッドアヴァンセが侮れない理由とは
  2. 宝塚記念2018の最新見解・データ
  3. ラジオNIKKEI賞2018の最新見解・データ
  4. 神戸新聞杯2018のレース回顧 
  5. 京都大賞典2018の最新見解・データ
  6. クイーンステークス2018の最新見解・データ
  7. 北九州記念2018のレース回顧 
  8. プロキオンステークス2018のレース回顧【マテラスカイが衝撃のレ…

新着記事

人気競馬書籍の著者で、各種メディアでも活躍する講師陣が、競馬予想に役立つ情報を”完全無料で”お届けします。競馬予想大学には、オッズ・日刊コンピ・過去データ分析・血統・調教と各分野のプロフェッショナルの講師陣が在籍しています。

競馬予想大学の講師陣で構成されるプロ馬券師集団「競馬予想の達人」のLINE会員を募集しています。レース当日の注目馬や競馬で勝つために欠かせない情報を”完全無料”で得ることが可能です。LINE@の登録はこちら

アーカイブ

カレンダー

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  
PAGE TOP