重賞レース考察

[重賞レースの概要・見どころ]京成杯

The following two tabs change content below.
競馬予想大学編集部
競馬歴10年以上のスタッフが担当。データの取り扱いが得意で、馬券の収支に直結するデータを配信することを心掛けています。競馬予想大学を通して1人でも多くの方が競馬で勝つ楽しみを味わって頂けるよう全力を尽くします。

京成杯の概要・見どころ

皐月賞と同舞台で行われる3歳馬限定の重賞。施行距離が芝2000mに延長された初年度の1999年は、優勝馬オースミブライトが皐月賞でも2着に好走。その意義を示してみせた。2010年の優勝馬エイシンフラッシュはその後、日本ダービーと天皇賞(秋)という2つのG1を勝利。3歳の早い時期に将来性と距離適性を見抜くうえで重要なレースとなっている。

京成杯の歴史

1961年に創設。以来、30年以上にわたって芝1600mの重賞として定着していたが、1999年、クラシック路線の拡充を図るために芝2000mへ距離が延長された。1984年、グレード制導入によりG3に格付け。第1~9回、第20回以降は原則中山競馬場で開催されているが、第10~19回は主に東京競馬場で開催されていた。

京成杯の開催時期

1月初旬~中旬の開催。ただし第6回、第12回は例外的に3月中旬に開催された。

京成杯の競走条件

未勝利馬・未出走馬を除く3歳馬が出走可能。負担重量は別定。距離は第1~38回は芝1600m、第39回以降は芝2000m。馬齢重量(牡馬56kg、牝馬54kg)を基本とし、日本馬は収得賞金1800万円以上の場合1kg増、外国馬は重賞競走1着馬の場合1kg増。外国産馬は1984年から、地方競馬所属馬は1996年から出走可能となった。2009年からは外国調教馬も出走可能となっている。

京成杯のコースの特徴

中山芝2000mで行われる。ホームストレッチの入口からスタートし、そのまま内回りコースをグルっと1周してくる形態。直線は310mと中央4場の中では最も短いが、高低差最大5.3mの急坂をスタート直後とゴール前の2度上るコース形態のため、逃げ馬は苦しい戦いを強いられることになる。

人気

下記データのうち、「単勝オッズ1.9倍以下」は該当馬なし。1~2番人気の信頼度が高く、軸は人気サイドから選ぶのが正攻法だろう。相手として注目したいのが5番人気馬。単勝・複勝ともに回収率は100%を超えている。マークしておきたい。

人気 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
1番人気 30% 60% 70% 95% 101%
2番人気 30% 40% 60% 148% 103%
3番人気 10% 20% 30% 53% 53%
4番人気 0% 0% 10% 0% 30%
5番人気 20% 40% 40% 186% 112%
6~10番人気 2% 8% 16% 25% 69%
11番人気以降 0% 0% 2% 0% 29%

※京成杯2009~2018年の集計結果

単勝オッズ 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
1.9倍以下 0% 0% 0% 0% 0%
2.0~2.9倍 20% 40% 60% 44% 74%
3.0~3.9倍 67% 100% 100% 243% 146%
4.0~4.9倍 25% 63% 88% 115% 150%
5.0~6.9倍 13% 13% 19% 68% 35%
7.0~9.9倍 7% 20% 33% 48% 89%
10.0~14.9倍 18% 36% 36% 217% 130%
15.0~19.9倍 0% 0% 15% 0% 60%
20.0~29.9倍 0% 5% 10% 0% 63%
30.0~49.9倍 0% 0% 0% 0% 0%
50.0~99.9倍 0% 0% 5% 0% 64%
100.0倍以上 0% 0% 0% 0% 0%

※京成杯2009~2018年の集計結果

前走着順

前走5着以内に入っていない馬は厳しい。加えて、前走のレースの格にかかわらず、前走1着馬は「1着候補」としてマークしておきたい。

前走着順 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
1着 9% 16% 24% 48% 81%
2着 11% 22% 44% 42% 90%
3着 8% 17% 25% 39% 42%
4着 0% 13% 13% 0% 36%
5着 9% 27% 36% 102% 119%
6~9着 4% 4% 4% 28% 10%
10着以下 0% 0% 0% 0% 0%

※京成杯2009~2018年の集計結果

脚質

年末からの連続開催で、芝の痛みも目立つころ。加えて急坂を2度上るタフなコース。基本的には中山の定石通り先行有利ではあるものの、差し馬の台頭も目立つ。

脚質 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
逃げ 0% 10% 20% 0% 157%
先行 13% 16% 21% 71% 50%
差し 9% 18% 22% 60% 58%
追込 0% 7% 16% 0% 35%
マクリ 0% 0% 100% 0% 640%

※京成杯2009~2018年の集計結果

枠順

2週間前に開催される中山金杯は内枠有利だったが、京成杯ではどちらかというと外枠のほうが好走傾向にある。しかし内枠も著しく数字が悪いわけではなく、枠順による有利不利はほぼないと考えてよい。

枠番 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
1枠 7% 7% 29% 33% 60%
2枠 0% 12% 18% 0% 39%
3枠 6% 12% 24% 66% 72%
4枠 5% 16% 21% 23% 32%
5枠 15% 20% 20% 110% 69%
6枠 5% 10% 20% 36% 78%
7枠 0% 0% 5% 0% 71%
8枠 14% 29% 29% 52% 53%

※京成杯2009~2018年の集計結果

血統

以下に挙げるのは、12月・1月の中山芝2000m2歳、3歳戦における種牡馬別勝ち数ベスト10だ(集計期間:2009年1月4日~2018年12月28日)。

ディープインパクト、ハーツクライ、ゼンノロブロイ、ステイゴールド、ダイワメジャー、ネオユニヴァースとサンデーサイレンス系がやはり好調だ。しかし徐々にハービンジャーがその勢力を広げ始めている。またキングカメハメハ産駒も存在感を示しており、その血を引くロードカナロア産駒もこの先、成績を伸ばしていくだろうと考えられる。

種牡馬 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
ディープインパクト 23% 32% 45% 110% 95%
ハーツクライ 17% 26% 36% 186% 84%
キングカメハメハ 15% 21% 35% 94% 74%
ハービンジャー 13% 20% 31% 131% 73%
ゼンノロブロイ 11% 14% 20% 107% 51%
ステイゴールド 4% 13% 22% 37% 62%
ジャングルポケット 8% 11% 22% 109% 71%
シンボリクリスエス 7% 13% 17% 104% 94%
ダイワメジャー 10% 28% 39% 70% 90%
ネオユニヴァース 6% 14% 24% 26% 90%

※2009~2018年の集計結果

競馬予想大学編集部

投稿者の記事一覧

競馬歴10年以上のスタッフが担当。データの取り扱いが得意で、馬券の収支に直結するデータを配信することを心掛けています。競馬予想大学を通して1人でも多くの方が競馬で勝つ楽しみを味わって頂けるよう全力を尽くします。

関連記事

  1. スプリンターズステークス2018王座奪還を狙うレッドファルクス
  2. 札幌記念2018ダービー馬マカヒキが復活するための条件
  3. セントウルステークス2018逆転王者を目指すラブカンプー
  4. 京成杯オータムハンデ2018のレース回顧 
  5. 函館2歳ステークス2018の最新見解・データ
  6. 函館記念2018スズカデヴィアスは重賞を連勝できるか
  7. ジャパンカップ2018スワーヴリチャードは巻き返せるのか
  8. 京都大賞典2018昨年同様ここから復帰するシュヴァルグラン

新着記事

人気競馬書籍の著者で、各種メディアでも活躍する講師陣が、競馬予想に役立つ情報を”完全無料で”お届けします。競馬予想大学には、オッズ・日刊コンピ・過去データ分析・血統・調教と各分野のプロフェッショナルの講師陣が在籍しています。

競馬予想大学の講師陣で構成されるプロ馬券師集団「競馬予想の達人」のLINE会員を募集しています。レース当日の注目馬や競馬で勝つために欠かせない情報を”完全無料”で得ることが可能です。LINE@の登録はこちら

アーカイブ

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP