重賞レース考察

[重賞レースの概要・見どころ]日経新春杯

The following two tabs change content below.
競馬予想大学編集部
競馬歴10年以上のスタッフが担当。データの取り扱いが得意で、馬券の収支に直結するデータを配信することを心掛けています。競馬予想大学を通して1人でも多くの方が競馬で勝つ楽しみを味わって頂けるよう全力を尽くします。

日経新春杯の概要・見どころ

60年以上の歴史を誇る新春の名物重賞。幾多の名馬がG1へのステップとして駆け上がっていくのを見届けてきたレースであるとともに、1978年、名馬テンポイントが散ったレースとしても知られる。歴代勝ち馬を見ると、ステイゴールドやルーラーシップ、トゥザグローリーなど、長距離重賞を沸かせ続けた個性派の名が目立つ。

日経新春杯の歴史

1954年に創設された古馬のハンデキャップ重賞「日本経済新春杯」が前身。1979年に現行の「日経新春杯」へと改称された。1984年、グレード制導入によりG2に格付け。第24回は阪神芝2400mで、第31回は京都ダート2600mで、第41回は阪神芝2500mで開催されている。

日経新春杯の開催時期

創設以来、一貫して1月中旬~下旬に開催されている。

日経新春杯の競走条件

直近1年以内に出走歴のある4歳以上が出走可能。負担重量規定は、第1~27回と第41回以降はハンデキャップ。第28~40回は別定。第1~33回、第42回以降は京都芝2400m(一部阪神で代替開催あり)、第34~40回は京都芝2200mで施行。外国産馬は1990年から、外国調教馬は2006年から出走可能となっている。

日経新春杯のコースの特徴

京都芝2400m(外回り)で行われる。4コーナー奥のポケット地点からスタート。ホームストレッチを約600m走って1コーナーへと入っていく。向正面半ばから始まるアップダウンまではほぼ平坦。3コーナーの下りで加速がつき、かつ直線は平坦なため、速い上がりが出やすいコースとなっている。

人気

1~2番人気の強さが目立つ。ハンデ戦とはいえ、軸には上位人気の馬を据えるのが賢明な作戦だろう。

人気 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
1番人気 30% 70% 80% 82% 111%
2番人気 40% 50% 50% 150% 72%
3番人気 0% 30% 30% 0% 52%
4番人気 0% 10% 60% 0% 138%
5番人気 0% 0% 0% 0% 0%
6~10番人気 4% 6% 12% 69% 55%
11番人気以降 2% 2% 5% 83% 54%

※日経新春杯2009~2018年の集計結果

単勝オッズ 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
1.9倍以下 100% 100% 100% 160% 110%
2.0~2.9倍 33% 67% 100% 96% 113%
3.0~3.9倍 57% 86% 86% 200% 125%
4.0~4.9倍 10% 30% 30% 47% 50%
5.0~6.9倍 0% 33% 50% 0% 97%
7.0~9.9倍 0% 0% 38% 0% 91%
10.0~14.9倍 6% 6% 11% 67% 53%
15.0~19.9倍 0% 8% 15% 0% 62%
20.0~29.9倍 14% 14% 14% 325% 87%
30.0~49.9倍 6% 6% 12% 202% 60%
50.0~99.9倍 0% 0% 0% 0% 0%
100.0倍以上 0% 0% 3% 0% 50%

※日経新春杯2009~2018年の集計結果

ハンデ

人気馬が強いとはいえ、57kg以上のハンデを背負って勝ったのは、58.5kgのトゥザグローリー1頭のみ。軸はハンデ56.5kgまでの馬に絞ってもいいだろう。

斤量 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
49kg 50% 50% 50% 1720% 310%
50kg 0% 0% 0% 0% 0%
51kg 0% 0% 0% 0% 0%
52kg 6% 6% 28% 126% 171%
53kg 0% 6% 6% 0% 8%
54kg 7% 10% 10% 25% 14%
55kg 14% 24% 24% 86% 62%
56kg 4% 28% 40% 18% 97%
56.5kg 50% 50% 100% 160% 145%
57kg 0% 0% 0% 0% 0%
57.5kg 0% 0% 0% 0% 0%
58kg 0% 0% 25% 0% 40%
58.5kg 100% 100% 100% 160% 110%

※日経新春杯2009~2018年の集計結果

年齢

データを見れば一目瞭然で、若ければ若いほど強い。6歳馬よりも5歳馬、5歳馬よりも4歳馬を重視したい。

年齢 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
4歳 18% 33% 39% 148% 81%
5歳 6% 19% 34% 17% 121%
6歳 7% 10% 20% 127% 73%
7歳 0% 0% 0% 0% 0%
8歳 0% 0% 0% 0% 0%

※日経新春杯2009~2018年の集計結果

脚質

「京都競馬場の外回り」という、差し追込馬が台頭しやすい条件のレースながら、2009~2018年の10年間では逃げ馬が大健闘。差し馬に人気が集中する場合は、逃げた馬の残り目に注意したい。

脚質 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
逃げ 20% 30% 30% 376% 101%
先行 8% 14% 25% 27% 51%
差し 8% 19% 29% 77% 99%
追込 2% 5% 7% 11% 18%
マクリ 0% 0% 0% 0% 0%

※日経新春杯2009~2018年の集計結果

枠順

勝率・連対率・単複回収率と、総じて内枠有利の傾向が出ている。迷った場合は「4枠より内」を重視したい。

枠番 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
1枠 21% 29% 29% 219% 78%
2枠 7% 14% 29% 86% 89%
3枠 7% 20% 27% 10% 78%
4枠 6% 19% 31% 18% 50%
5枠 5% 5% 10% 172% 39%
6枠 10% 20% 20% 34% 27%
7枠 0% 5% 24% 0% 131%
8枠 5% 10% 10% 18% 15%

※日経新春杯2009~2018年の集計結果

血統

以下に挙げるのは1月・2月の京都芝2400m(外回り)における種牡馬別勝ち数ベスト10だ(集計期間:2009年1月18日~2018年2月11日)。

やはりディープインパクト産駒が高いパフォーマンスを発揮していることがわかる。クラシックディスタンスということもあり、その他の種牡馬もサンデーサイレンス系の種牡馬がズラリ。もちろんキングカメハメハもその存在感を発揮している。

種牡馬 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
ディープインパクト 18% 27% 44% 56% 67%
キングカメハメハ 21% 28% 41% 81% 79%
ステイゴールド 14% 16% 30% 228% 77%
フジキセキ 33% 44% 44% 257% 98%
ネオユニヴァース 33% 44% 44% 142% 61%
ハービンジャー 15% 39% 39% 83% 63%
シンボリクリスエス 9% 14% 32% 71% 82%
アドマイヤドン 50% 50% 75% 515% 247%
マンハッタンカフェ 3% 16% 24% 21% 81%
ハーツクライ 4% 19% 31% 87% 63%

※2009~2018年の集計結果

競馬予想大学編集部

投稿者の記事一覧

競馬歴10年以上のスタッフが担当。データの取り扱いが得意で、馬券の収支に直結するデータを配信することを心掛けています。競馬予想大学を通して1人でも多くの方が競馬で勝つ楽しみを味わって頂けるよう全力を尽くします。

関連記事

  1. 宝塚記念2018のレース回顧
  2. 関屋記念2018エイシンティンクルついに重賞へ挑戦
  3. オールカマー2018アルアインは得意の中山で勝利を掴むか
  4. 中京記念2018グレーターロンドン悲願の初重賞制覇なるか
  5. 京王杯2歳ステークス2018の最新見解・データ
  6. 函館記念2018のレース回顧 
  7. スワンステークス2018のレース回顧
  8. エルムステークス2018の最新見解・データ

新着記事

人気競馬書籍の著者で、各種メディアでも活躍する講師陣が、競馬予想に役立つ情報を”完全無料で”お届けします。競馬予想大学には、オッズ・日刊コンピ・過去データ分析・血統・調教と各分野のプロフェッショナルの講師陣が在籍しています。

競馬予想大学の講師陣で構成されるプロ馬券師集団「競馬予想の達人」のLINE会員を募集しています。レース当日の注目馬や競馬で勝つために欠かせない情報を”完全無料”で得ることが可能です。LINE@の登録はこちら

アーカイブ

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP